コピー機はレンタル契約がおすすめ

オフィスに必要不可欠なコピー機ですが、導入方法は主に新品もしくは中古品を購入するか、リース契約またはレンタル契約をする方法があります。初めてコピー機導入をするという場合には、リースとレンタルの違いがわからないという声も少なくありませんが、比較してみると違いは前者は長期利用を目的とした場合、後者は短期利用を目的としていることです。そのため数日から3年程度の利用を希望しているならば、通常5年から7年と長期間の契約となるリースよりもレンタルを利用したほうがずっとコスト面でもお得です。では他にこの契約をするメリットとして挙げられることは、短期利用が可能なので1日から使用することが可能です。

そのためイベントや選挙期間など、短い期間でもコピー機がどうしても必要となった場合でも手軽に導入することが出来ます。そしてレンタル中に途中で解約が必要となった場合でも、いつでも気軽に解約をすることが可能です。例えば事務所移転をする予定はあるものの、その時期が決まっていない場合などに期間の融通をきかせることができるなど用途は幅広いです。これはリース契約でも同様ですが、機器の所有権自体は貸し出しをしている会社側が持っているため、そのため借りている側は減価償却や固定資産税などが発生せず、面倒な処理経理を行う手間を減らすことが出来ます。

リースは金融取引であるため審査が設けられますが、レンタルの場合は審査は不要であり、個人でも利用することが可能です。コピー機のレンタルのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です