コピー機のレンタルとリースの違い

コピー機のレンタルは、レンタル会社からコピー機を中古品として借りる短期の契約です。管理はレンタル会社が行うため、ユーザーの過失でない故障については代わりのコピー機を借りることができます。期間は自由で途中解約も可能です。審査もありません。

定額の料金が発生し、料金にはコピー機貸与、インクとトナー、保守メンテナンスの料金が含まれます。長期に借りる場合にはリースと比較して割高になるため、時期や利用期間、用途が決まっている場合におすすめの契約です。レンタルのメリットは、短期に利用する場合には無駄なコストを削減できます。長期に利用する場合には、長期割引を設けている会社もあります。

途中で解約しても違約金はかかりません。デメリットは中古の機種であるため、スペックや故障の問題があります。設置の際には設置の階数やエレベーターの有無、設置スペースの大きさが決まっていると、設置費用の見積もりが正確にできます。使用の場所が一般的なオフィスではないことが多いため、場合によっては設置できなかったり、追加の費用が発生することがあります。

リースは、リース会社がユーザーの代わりに新品のコピー機を購入して貸し出す方法です。期間は3年~6年ほどで、途中の解約はできません。解約する場合には一括清算が必要になります。長期的な契約を前提としており、契約時に審査があります。

リース契約の審査が通らない場合には、レンタルという選択肢があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です