コピー機はレンタルするとストレスなし

コピーや印刷だけでなく、FAXやスキャンなどに大活躍のコピー機ですが、購入するには費用がかかると悩んでいませんか。そんな時に便利なのがレンタルです。リースと混同されがちですが、リースはコピー機の所有権がリース会社にあり、契約ができるのは法人のみです。一方レンタルの場合はレンタル会社に所有権があり、法人だけでなく個人でも契約ができます。

一般的にリースの場合は5年から7年程度の利用期間で中途解約できませんが、レンタルなら1日から3年程度で、中途解約もできます。商品は選べないものの、保守契約が含まれています。保守契約とは、定期的なメンテナンスや修理対応などのサポートです。たとえ新品でも保証がありませんし、また修理を請け負う業者も少ないため、故障するたびに実費で修理業者を呼ぶのは負担が大きくなります。

この保守契約が含まれますから、故障の対応やメンテナンスの心配がいりません。さらに、リースの場合は審査がありますが、レンタルは審査がありません。減価償却や固定資産税も発生しませんから、全額を経費として計上できます。また、個人でコピー機を借りるケースで多いのが、受験生のいる家庭です。

家庭用の複合機プリンターでもコピーはできますが、速度が遅く、コピーできるサイズも限定されます。さらに、大量にコピーするとすぐにインクが無くなってしまい、交換するのも面倒です。その点、業務用なら必要な時にテキストや問題集を気兼ねなくコピーできるのでストレスがありません。このように、コピー機は活躍の場を広げています。

テレワークの普及により、さらなる需要が見込まれるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です