コピー機をレンタルするメリット

オフィス機器の定番と言えばコピー機です。ペーパーレスがどんどん進んでいるとはいえ、まだまだ無くてはならない存在です。ところでコピー機は、購入したりリースで利用したりするだけでなく、レンタルをすることも可能です。一見リース契約と似ているように思えるかもしれませんが、じっくり比較してみるとかなり異なることに気づかされます。

レンタルのメリットは、短期間でも借りることができる手軽さにあります。リースの場合は3年や5年などの契約期間の縛りがあり、結局のところ購入するのと変わらない、むしろトータルでは購入するよりも多くのお金を支払うことになります。それに対してレンタルは契約期間の縛りがないために、短期間だけ借りるということが可能です。いつでも解約することができる他、リースのような審査もありませんので、その手軽さも魅力となっています。

ただレンタルの場合、コピー機の機種を選ぶことができず、型も古いタイプの場合がほとんどです。その上、月々の支払い額はリースよりも高くなり、長く刈り続ければ狩り続けるほど損になります。このようなメリットとデメリットを考えると、ある特定の期間(3ヶ月~3年)だけコピー機が必要という場合に重宝するのがレンタルで、それ以上の期間必要という場合はリースがおすすめです。買取のような感覚で利用したいという場合もリースのほうがお得感があります。

どのような目的で、どのくらい必要なのかをはっきりさせた上で、リースにするか借りるのかを決めると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です