コピー機をリースすべき場合とは

オフィスで欠かせないOA機器の一つにコピー機がありますが、業務用コピー機を導入する場合リースをするかレンタルにするか悩んでしまうという方は多いです。一般的に多くの企業では長期間のコピー機の利用が一般的とされるので、コスト面を考えてリースでの導入が選ばれている傾向にあります。コピー機のリースの特徴の一つに、毎月の支払いを経費扱いにすることが出来る上に、毎月の月額料金が固定されているので長期的なランニングコストが把握しやすいメリットを持っています。購入とは異なり所有権が貸し出している会社側にあるため、面倒な減価償却の手続きであったり固定資産税の支払いをする必要がなく、これに伴う事務処理の手間がかかりません。

またレンタルでは初期費用が発生するのに対して、リースの場合は初期費用が設定されていない場合が多いので、余計な資金を支払う必要がなくほかの場所に回すことが出来ます。銀行などの借入と比較すると審査自体が簡略化されているので、比較的気軽に申込みをすることが出来ることも強みです。ただしレンタルは希望日数だけ貸し出しという使い方が出来ますが、基本的に5~6年といった決められた年数での契約が義務付けられているので、途中での中途解約を行うことが出来ずもし解約下としても残債を定期的に支払うか、一括で支払って強制的に契約満了とする方法しかないので注意が必要です。これらのことを踏まえて、コピー機のリースが向いているのは長期利用を目的としており、月額料金を定額でお得に利用したいと考えている場合が挙げられます。

また貸し出しされる機種もこちら側で選ぶことが出来るので、新機種や搭載機能などを確認した上で借りたいという場合にも向いています。コピー機のリースのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です