コピー機リースがおすすめの会社とレンタルとの違い

コピー機を長期利用することが決まっている場合では、選択肢にリース契約が入ってくることが多いですが、一般的な契約期間は3~7年となっているので、長期でコピー機を利用する際はリース契約を選んだ方がお得といえます。存続が不透明な企業や会社が長期契約を選択するのはリスクが大きいかもしれませんが、その一方で既に経営状況が安定している企業や会社が新たなオフィスや支社を構える場合にはリース契約がおすすめとなってきます。また、印刷の品質に強いこだわりがある場合も最新機種を選べるリースがぴったりで、設計会社やデザイン会社はもちろん紙資料を印刷する会議が多い会社などは、画質や印刷速度に優れた機種を導入することでより質の高い運用が可能となります。リースはレンタルよりも利用期間が長く中途解約ができませんが、コピー機を複数種類から選ぶことができたり初期費用が不要な点がレンタルとの大きな違いといえます。

レンタルは利用期間が短いのが特徴で、数日から契約することができることから短期で利用したい場合にメリットが大きく、利用しなくなれば契約を途中で終わらせることも可能ですが、初期費用がかかる点と製品が選択できずレンタル会社におまかせになってしまう点はデメリットといえます。この2つを比較すると契約形態と内容に大きな違いがあるため、自社が利用する際にはどちらを選択した方が効率的なのか事前に確認しておくことが大切になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です