コピー機のリース契約

どこの企業の事務所にも置かれているコピー機ですが、大企業でも購入するのではなくリース契約で利用されています。どうして買い切りにしないかというと、このリース契約がコピー機を利用するのにあたって非常に使いやすい契約の形態だからです。リースというのはレンタルと似た意味ですが、レンタルが短期なイメージがあるのに対しリースは2年ほどという比較的長期の貸し出しになります。その契約期間が終わると契約しなおしになるのですが、一からということでそのタイミングで機種を新しくすれば、短いスパンで最新機種を使い続ける事が出来るのです。

これは購入してしまっては出来ないやり方なので、リースの利点と言えるでしょう。購入して10年使い続けると聞けばコストパフォーマンスに優れているように聞こえますが、技術の進歩は日進月歩なのです。10年前のインクコストが悪かったり印刷スピードの遅いマシーンを使い続ける事が、企業にプラスになるとは思えません。そこで短期的に買い換える仕組みに入る事により、最新機種を使い続けるという選択肢を残せるのです。

もちろんそれほど機能を必要としないのならば、しっかり動く型落ちの機種にして金額を抑えるという方法も可能です。そういった判断は企業がその業務内容と相談して決めればいいでしょう。しかしコピー機の契約形態自体は、これがあまりにも優れているために、これからも使い続けられるものなのは間違いありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です