コピー機をリースで利用するメリット

購入するとかなり高額となる機器の代表格がコピー機ですが、オフィスでの業務推進には欠かすことのできない機器でもあるため、どのような形で導入するのかをお悩みとなっている方は少なくありません。紙ベースをとりやめてデジタルに移行するケースも見られますが、完全に紙媒体を業務の中から取り除くことは未だ現実的ではないため、実際の仕事現場ではまだまだコピー機の活躍する場面はきわめて多く見られます。そのような観点から、コピー機の導入を考えた場合にもっとも理にかなった方法となるのがリース契約です。購入以外の選択肢として、リースとレンタルが挙げられますが、それらの違いを十分に把握して、ご自身のオフィスにはどちらの契約が適しているのかを見極めることが大切です。

リース契約の最大のメリットは、運用コストの安さと言えます。購入する場合には100万円を超えてしまうほどの危機が多く見られる中、リースの場合には月額で1万円台から数万円前後で利用できるケースが多く、利用に関する金銭的負担が大きく軽減されます。また、定期メンテナンスや故障時の対応などもセットとなっている契約であれば、トラブルが発生した場合にも迅速な対応が期待できますのでより安心感が得られるでしょう。リース料金は全額を経費で処理できる点も、会計処理の観点でのメリットとなります。

運用コストの把握もしやすいため、オフィスへコピー機を導入する場合には最適な選択と考えられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です