コピー機リースの良い点と悪い点

コピー機は、リースで導入するのも選択肢があります。購入とは異なり、リースは自分の物にはなりません。しかし、買う場合は高額なコピー機を買う費用を用意しなければなりません。リースは自分の利用したいコピー機を選ぶことができ、支払いも毎月比較的少ない金額で利用できるので、一度にお金を出すのが大変という会社に向いています。

また、毎月の支払いが固定されていて経費として計上できるので、コストを把握しやすいです。所有権はリース会社にあるため、減価償却や固定資産税のことを気委する必要もないので、経理の手間もかからなくなります。初期費用もかからないので、最初に大きな金額が出ることなく利用開始できます。デメリットとしては、長期利用が前提となっているので解約ができないことです。

解約するとすれば、残債を一括で支払わなければならなくなります。そのため、短期での利用をしたい方はレンタルを利用した方が良いでしょう。自分の物にならないというのもデメリットと考えられますが、自分の物にした場合は古くなった場合の買い替えを検討しなければなりません。その点、リースは期間が終わった後別の機種で契約することもでき、処分費用なども掛からないので、あまりこのデメリットは大きくないでしょう。

期間全体で支払う費用は購入よりも高くはなりますが、異常のようなメリットが良いと感じるなら選択する価値はあるので、コピー機導入の際には検討しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です