リースが満了したコピー機を使い続けるメリット

コピー機を導入する時の選択肢としてよく使われているのがリースで、特に高額な高機能機種の導入にはこの方法が最適といえます。コピー機は消耗品となるインクが必要ですしトラブルが発生した場合には修理をしてもらう必要があるため、メンテナンスというのは使い続ける上では欠かせないものです。購入した場合にもメンテナンスを独自に契約するという方法もありますが、このような場合には費用が割高になってしまう場合もあるので契約をする時には注意が必要になってきます。最初からリースで導入した場合にはそれらが1セットになっているものも多く、費用を圧縮するだけでなく導入した地点から分かっているのでトラブルが発生した時にも迅速に対応してくれるものです。

一方でリースには期間があり満了すると返却するというのが一般的な考えですが、導入したコピー機を満了後も使い続けるということは出来ます。この場合にはリース費用がなくなりメンテナンス費用となるため新たに契約を行う必要がありますが、完全に支払いが完了していれば機械は購入した人のものとなるので売却することもできます。また満了後に返却しないという選択肢としては、近い将来事業をやめる場合や新たにリース契約を結んで新しいコピー機を導入する余裕がない場合などによく行われるもので、新しいコピー機を導入するのと比べて操作方法を一から学び直す必要もなく使い続けることができるメリットもある方法です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です