コピー機をリース契約で利用する

コピー機はレンタルではなく、リース契約で利用される事が多い設備となっています。リース契約とは、2年ぐらいの期間レンタルする契約方法で、その間サービスに加入している扱いになります。買い切りを考えると面倒そうな形態ですが、使ってみると分かる便利さがあります。そもそもコピー機は結構故障しやすいマシーンであり、故障する度に有償の修理を依頼していられません。

リース契約ならばその2年の期間中ずっとメンテナンスサービスに入っている状態になるので、気兼ねなく技術者を呼ぶことが出来ます。また、消耗品とセットに考えなければならないのもコピー機の特徴であり、紙がなくなったりトナーが切れたりするたびに注文したり、買いに行く手間を考えなければなりません。リース契約なら電話一本で持って来てくれますし、定期的にサービス会社の担当者が訪れるのでむしろ使っている側が気にする必要がありません。そして機種が変わったりしてよく分からない事があったりした際に、担当者が定期的に来てくれるというのは便利なのです。

わからないところは説明書を熟読して調べるよりも、詳しい人に聞くのが手っ取り早いのは自明でしょう。消耗品を補充してもらい、おかしいところをチェックしてもらい、そして分からない部分を聞けるというのがサービス料金に含まれているのですから、リースはコピー機にとって使いやすい形態だというのが分かるというものです。これからもこの形態が変わることは考えにくく、よほどの事がない限りこのままだと考えている人は多くいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です