起業した際のコピー機のリース

コピー機などのオフィス機器はメーカーに発注して直接購入するだけではなく、リースやレンタルなどの方法でも利用することが可能です。リースは毎月固定で料金を支払うのとひきかえにして、リース会社が機械や設備を導入しようとしている契約者に代わってメーカーからその機械や設備を購入し、契約者は機械や設備を契約期間中にわたって使い続けることができる契約のことをいいます。このようなしくみを利用すれば、多額の購入資金を最初に支払う必要がなくなり、負担が毎月に平準化されますので、企業経営にとっては大きなメリットがあります。もちろんこの方法が使えるかどうかには一定のルールがありますので、まずは条件に見合っているかどうかを確かめることがたいせつです。

たとえば会社を起業した直後からコピー機が必要になった場合に、リース契約ができないこともあり得る点は覚えておいたほうがよいでしょう。実は契約に先立って一定の審査があり、この審査にパスできなければ契約には進めない手順になっています。大企業であれば審査をパスできないことはありませんが、スタートアップ企業であれば求められてもこれまでの実績を提示することができず、契約を正しく履行できる相手かどうかが審査の際にわからないというのがその理由です。もちろん他の販売店で契約を断られてしまうケースであったとしても、他の店舗であれば審査に合格することもありますので、コピー機の導入にあたって一度相談をしてみるのがよいといえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です