起業家が活用するオフィスレンタル

企業が起業する際には事務所を契約する必要があります。しかし起業したばかりの時期には資金もあまりなく、毎月定額を支払い続ける事務所を借地契約をするのは難しい状況にあります。また、起業したばかりで今後の存続も不透明な中で長期の契約をおこなうにもリスクがあります。そのために、多くの場合にはオフィスレンタルを利用して、短期間でも借りれるようにします。

オフィスレンタルの場合には部屋の広さが狭いものを選択すれば非常に安くなります。しかしこのようなオフィスレンタルを利用するにしても、その場所が重要になります。起業したばかりで営業に回った場合、名刺に事務所の住所を記載しますが、その場所が首都圏の一等地近くであれば相手企業からは、しっかりとした会社ではないか、という評価を得ることにも繋がります。また、場所を借りるだけではなく、電話の取り次ぎをおこなってくれるオペレーターがついているオフィスレンタルもあります。

起業したばかりでは、電話取り次ぎの事務員を確保することも難しいため、名刺の電話番号を通して入った内容を取り継いでくれる仕組みのあるところでレンタルすることで、仕事も効率的におこなうことができます。そのようなオフィスレンタルには自分に似た境遇の起業家も集まることが多く、そこでいろいろな意見交換ができたり、新たなビジネスに発展することにもなります。オフィスとして使用する以外にも人間関係を構築することもできる環境にもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です